hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『光に手をかざして』福田美里

1,100円

送料についてはこちら

著者の福田さんは、画家としての活動を続けながら、昨年からまちの本棚のお手伝いもしてくれていています。 このリトルプレスは、コロナ禍の中で福田さんの心の拠り所となったお店(ご近所の観慶丸本店さんも登場します!)や作品を作る人たちなど、計7組にインタビュー。それぞれの方達の活動を紹介しながら、その中で感じた様々な想いが綴られています。表紙と文中のイラストも福田さん。今を感じる1冊です。 仕様 A5 / 70p  無線綴じ 『いい演劇を働きながらつくる』遊星D 梢はすか 『針がふれる』作家 小林知世 『モーメントを描く』作家 古田和子 『変わらずにあること』観慶丸本店 須田正樹・富永明日香 『時間を眺めて』うつわと喫茶nagame 村上宏 『寄り添いながら』料理家 橋本玲奈 『思考の旅』移動本屋ペンギン文庫 山田絹代 福田美里 宮城県を拠点に作家活動を行う。絵や写真、言葉によって記憶や思いを留め置くことに関心を寄せている。主な個展に『tiny lights』(2020年、Cyg art gallery、 booknerd 盛岡) その他の活動にTBCラジオタイムテーブル2021のアートワークなど

セール中のアイテム